のび太の「無人島へ家出」…漫画『ドラえもん (0点&家出編) 』

 

 

 

のび太くんが家出をして、無人島で10年過ごすことになるお話。小さい頃に読んでとても印象的だったので、また読み返してみたいと思い、掲載されている傑作選をお取り寄せしました。

 

無人島から出られなくなって、1週間、1か月、1年、そして10年…時間経過の描写はたった1ページで4コマ漫画のように淡々と描かれていますね。同じ場所、同じ姿勢、のび太くんの絵だけが大人に変化していく。シンプルなのですが、とても心に刺さる1ページ。

 

孤独な無人島で、どんな10年を過ごしたのか、逆に想像が膨らむ。さいとうたかを先生の『サバイバル』を読んでいるからか、描かれていない隙間を脳内で勝手に埋めている感じでしょうか。とても感慨深いです。

 

 

なぜ、10年も発見が遅れたのか…。今、考えると、その原因は、ラストシーンで大人になった「のび太」くんがタイムマシーンで家出した時代に帰り、タイムふろしきで元に戻ってしまうことにあるのかも?のび太くんが、いなくなってないので、そもそもいないことが分からないですもんね。

 

 

 

 

ドラえもん (0点&家出編) (小学館コロコロ文庫デラックス―ドラえもんテーマ別傑作選) 

作者: 藤子・F・不二雄
出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2000/11/01
メディア: 文庫

[asin:4091948073]



もくじ

一生に一度は百点を

ゆめの町、ノビタランド

テストにアンキパン

ぼくを、ぼくの先生に

アパートの木

七時に何かがおこる

無人島へ家出

ナイヘヤドア

ぼくよりダメなやつがきた

設計紙で秘密基地を!

忘れ物おくりとどけ機

な、なんと!!のび太が百点をとった!!

タイムカプセル

のび太の地底国

やどり木で楽しく家出

のび太も天才になれる?

オンボロ旅館をたて直せ

ガッコー仮面登場

神様ごっこ

サカユメンでいい夢みよう

のび太の息子が家出した

ふきかえ糸電話

かくれん棒

ブラック・ホワイトホールペン

のび太の0点脱出作戦

<解説>大好き!ドラえもん 小泉美明

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp