読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“さいとうたかを”さんが描いた無人島生活を生き抜く方法?…漫画『サバイバル』

 

 

 

読書漫画:サバイバル 文庫 全10巻+ 外伝 完結セット (リイド文庫)

 

 

冒頭、いきなり日本列島が沈没する急展開がすごいです。なんの前触れも説明もなしに大洪水が発生、13歳の少年は無人島となった山の山頂で一人で生きていかなければならなくなる。

 

 

何の情報もないので、読者もまったく同じ不安な心境になりますね。何をしたら生き抜けるのか、どう生活したら良いのか、衣食住の手がかりがまったくないですもんね。

 


まだ、「サバイバル-日本消滅-」の一巻を読み終えたところですが、もしも無人島生活をするとしたら、この漫画を一読しておくだけでかなり違いますね。知恵の結晶といますか、記憶の片隅にちょっとでも残っていれば、それを頼りにアイデアが広がりそうです。

 

 

ゴルゴ13で有名な「さいとうたかを」さんの作品で、ゴルゴ13と同様に知識量、情報量が豊富。主人公が少年なので、大人だけでなく、子供も共感しながら楽しめる。というよりも、子供に読んで欲しい作品ですね。

 

 

とくに印象に残っているのが、「学校の知識が役に役に立たなかった」という火をおこすくだり。火おこしのスキルは最低限どこかで学んで習得しておきたいですね。

 

 

f:id:hann3:20160211091816j:plain

 

 

サバイバルで生き抜く能力、道具や文明の利器がないところで生きるスキルは、日常生活では不要かもしれません。でも、どんなところでもたくましく生きていけることは、「自信」「希望」「生命力」といった精神の支えになるように感じました。

 

 

 

サバイバル 文庫 全10巻+ 外伝 完結セット (リイド文庫)

作者: さいとう・たかを
出版社/メーカー: リイド社
発売日: 2010/11/01

ASIN: B00007C787

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp