虐待されている側の心理を、ボロボロになったクマのぬいぐるみが物語る…絵本『わかってほしい』を読む

 

 

読書絵本:わかってほしい

 

 

「虐待」がテーマの作品なのすが、こんなにも「怖い」と感じた絵本は初めてです。見開き全面が真っ赤…血を連想させる赤一色の色紙、右のページにはボソッと一言、左のページにはポツンとクマさんのぬいぐるみが描写されている。

 


そして、ページを送るごとに、コメントが過激になっていく、熊の人形がズタボロになっていく。

 

 

f:id:hann3:20160826085737j:plain

 

 

こんなにも心が苦しい、心が傷ついているのだと、バラバラになったクマが心の叫びを代弁している。

 


最後に一言…「あいされたい」

 


まるでサイコホラー映画を観たときのような後味、読んでいてゾクゾクっと背筋が冷たくなりました。あとから涙が出てくるこの余韻、小さなお子さんが読まれたら、トラウマになってしまうかもです(T-T)

 

 

 

わかってほしい

作:MOMO
絵:YUKO
出版社/メーカー: クレヨンハウス
発売日: 2003/12
メディア: 大型本

[asin:4861010179]



 

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp