『チャーハン―中華鍋を振って振って作る極上のおいしさ! (本場点心かんたんクッキング)/劉文華』を読む

 

 

 

読書書籍:チャーハン―中華鍋を振って振って作る極上のおいしさ! (本場点心かんたんクッキング)

 

 


本書は台湾で発売された「Family 食譜系列 炒飯(笛藤出版図書)」の日本語翻訳本です。すべてのレシピは、鉄製の中華鍋(北京鍋等)を使うことを前提にしてます。

 

『チャーハン―中華鍋を振って振って作る極上のおいしさ! (本場点心かんたんクッキング)』より

 

 

 

色んな具材を使ったチャーハンがどれも美味しそうです☆さすがは、中華鍋と強火の火力で作った炒飯で、お米一粒一粒のパラパラな感じが素晴らしいですね。写真でもサラサラしているように見える出来栄えです。


f:id:hann3:20151102220854j:plain




私は、ごはんの色味が違う「豚の角煮ソースあえ卵チャーハン」に食欲をそそられました。味が染み込んでいる印象で、写真を見ただけでヨダレが出そうになります(笑)

 

 

 

チャーハン―中華鍋を振って振って作る極上のおいしさ! (本場点心かんたんクッキング)

作者:劉文華
翻訳:崔佳
カバーデザイン:株式会社パイン(斎藤ひさの)
出版社/メーカー: TOKIMEKIパブリッシング
発売日: 2004/02
メディア: 大型本

ISBN-13: 978-4048945202