秋葉原で開催の謎解きイベント「読んで解く、小説謎解き 古書店まんせい堂奇譚」に挑戦☆

 

 

先日、秋葉原で遊べる体験イベント「読んで解く、小説謎解き 古書店まんせい堂奇譚」に挑戦させていただきました。解答、ヒントといったネタバレになることは書けませんが、とても面白かったので、感想をご紹介です(^-^)

 

古書店まんせい堂奇譚|東京都|takarush BLACKLABEL

 

1000円で販売されている謎解きキットを購入することで遊べるのですが、なかなかのボリューム&難易度で、5~6時間くらいかかりました。リアル脱出ゲームのような体験型の謎解きパズルを遊んでみたいと思っていたので、とてもワクワク楽しい時間。

 

イベント空間は密室ではなく、捜索範囲は秋葉原の交通博物館跡地内の商業施設「マーチ エキュート 神田万世橋」。旧・万世橋駅の階段、壁面、プラットホームに謎を解くカギがあって、探索しないとわからないので、うろうろ。そんなに広いエリアではありませんが、秋葉原にこんな空間があって、無料で入れるのだと初めて知りました。

 

遊び方は、まずキットを買うために、ゲームの受付店となっている販売場所のワインショップ「VINOSITY domi (mAAch / マーチ エキュート 神田万世橋 S2区画 )」さんへ。秋葉原駅からですと、「肉の万世」さんが見える橋を越えますね。

 

ゲームのスタートなので、特別な会場をイメージしていたので、普通のお店さんだったのでびっくりでした。入口付近の窓ガラスに張り紙がしてあります。

 

あとは、指示書に書いてある通りに、順に謎を解明していくだけ。私は友人と一緒に参加しましたので、協力プレイでなんとかクリアできました。ひらめき、発想の転換など、脳みそをフル活用…一人だったら、心が折れていたように思います(^^;

 

正解に辿りついたときの達成感、ようやくゴールした満足感、頭を酷使した疲労感…終わってみると、どっと疲れましたが、とても楽しい有意義な時間を過ごすことができました。またこういった体験型のイベントに挑戦したいです(^^)

 

 

ちなみに、謎がわからず行き詰ってしまっても、スマホで手引書のQRコードをスキャンしてサイトへいけばヒントをもらえます。最後の一問までは頑張れたのですが、時間的に最後だけヒントを見てしまいました。それと、すべての謎を解いた最後の答えを入力(登録)するサイトもありますので、そこで最終の答え合わせができます☆

 

 

 

www.takarush.jp