新聞紙をビリビリ破いても、一瞬で元通りに復活する手品のトリック…『60歳からのマジック入門/麦谷眞里』を読む

 

 

 

読書書籍:60歳からのマジック入門

 

 

 

新聞紙を細かく破いて、最後にパッと元通りになる手品。とても身近な素材(材料)を使っているので、インパクトがありますよね。どうやって折りたたんでいるのか、どうやって見えないように隠しているのか、どうやってすり替えるのか…自分でもやってみたいと思って、掲載されているマジックのネタ本(トリック・タネの解説書)をずっと探していました。やっと見つけることができて、とても嬉しいです(^-^)

 

 

f:id:hann3:20151118082538j:plain

 

 

この本には、テレビで見たことがあるマジックがいくつか紹介されていますね。「60歳の…」というタイトルの意図は、“簡単”“誰にでもできる”“何歳でも大丈夫”といったメッセージなのでしょうけれど、全然、素人向けの安っぽさを感じさせない高級なトリック集に感じました。なので、「ちょっと難しそう」という印象も受けましたが、出来たら驚いてもらえる、楽しんでもらえるものばかりでワクワクな内容ですね。

 

 

 

60歳からのマジック入門

 作者: 麦谷眞里
本文 DTP・イラスト:小堀文彦
出版社/メーカー: 東京堂出版
発売日: 2011/09/26
メディア: 単行本(ソフトカバー)

ISBN-13: 978-4490207484





もくじ


特別なマジック専用用具の要らないもの
1.お見合い写真
2.玉子になるハンカチーフ
3.マジシャンズ・チョイスの研究
4.ユーモア・うさぎ
5.教授の悪夢
6.ブックテスト2題
7.4枚のエースの交換
8.「新パン時計」
9.ショーとしてのロープ・カット
10.トスト・アウト・デック
11.ミルク・ジョッキー
12.ファースト&ルース
13.新聞紙の復活


簡単なマジック専用用具があればできるもの
14.うさぎの玉子
15.エースをとらえよ
16.分裂色変わり花
17.エッグ・バッグ
18.チョップ・カップ