hann3's blog

主に読書の記録日記。映画など雑記も。

読書『トリックアート入門 イラストと写真で描ける3Dアート 』

 

 

 

 

トリックアート入門 イラストと写真で描ける3Dアート 

著者:ステファン・パブスト

翻訳:假屋淳子

 

 

平面(2次元)なのに、まるで立体。飛び出しているように見える不思議なトリックアートの描き方が紹介されている本です。

 

以前、テレビ番組でトリックアートが完成するまでのタイムラプス動画が放送されていて、どんな風に描写しているのか気になっていました。元の映像はYOU TUBE動画さんに掲載されていますね。

 

動画ではさくさく進んで、細かいところがわからなかったのですが、陰影、角度、切り取り方など、テクニックの詳細が掲載されていて、わかりやすいです。

 

真上から見たら見ると細長な状態にデフォルメされていて、こうしたイメージで描けることが凄い技術(才能が必要)ですね。

 

 

 

ISBN-13: 978-4766130386