読書『松旭斎すみえのマジックの世界』

 

 

 

 

松旭斎すみえのマジックの世界

 

 


テレビ番組のマジックショーでよく聴く定番のBGM『オリーブの首飾り(ポール・モーリア)』。

 


ちゃららららら~♪

 


あの楽曲を手品の舞台で一番最初に使ったのはマジシャンの「松旭斎すみえ」さんだそうですね。どのような手品をされている方なのか気になって、ご著書をお取り寄せ☆

 

 

 

私は、今でもポール・モーリア楽団の『オリーブの首飾り』をステージで使い続けていますが、あの曲を使おうと思ったのはまったくの偶然からでした。

 


今からもう三十七~八年ぐらい前の話なのですが、お花がたくさん出るマジックをやっていて、なんとなく華やかな雰囲気の曲が欲しいと思っていたところ、たまたま車のラジオからあの曲が流れてきて、「あっ、いいな」と思ったのがきっかけです。

 

松旭斎すみえのマジックの世界

 

 

 

手品のタネが収録されたマジックの本だと思っていたので、『オリーブの首飾り』についてのエピソードが掲載されていて嬉しいサプライズ。どういう経緯であの曲を流すことになったのか、とても興味深いです(^-^)

 


マジックのネタはシルクを使用したものが紹介されていました。そのほか、練習の仕方、見せ方のコツ、道具の使い方、話術、そして、名前の由来や半生など、内容が盛りだくさんで、大満足です☆

 

 

 

 

 

 

松旭斎すみえのマジックの世界

作者: 松旭斎すみえ
出版社/メーカー: 東京堂出版
発売日: 2003/07/01
メディア: 単行本

[asin:449020499X]