読書『もしも、シンデレラの行動がすべて計算ずくだったら? 考える脳の鍛え方』

 

 

 

 

 もしも、シンデレラの行動がすべて計算ずくだったら? 考える脳の鍛え方

 

 

 

童話「シンデレラ」の物語を裏読み?魔女に助けてもらうために、王子様と結婚するために逆算していた?どういった内容なのか気になるタイトルだったので、ネット書店さんで見かけてお取り寄せした本です(^-^)

 

到着してからわかったのですが、放送作家さんが書かれたアイデアを生み出す練習ができるものでした。物語の考察がメインではなく、一つの例、練習問題として「シンデレラ」が紹介されています。

 

登場人物や設定をそのままに、アングルを変えて別のお話を考える。思っていたものとは違いましたが、とても面白い本で、読みやすいのでサクサク楽しく読めました。

 

ちなみに、この本の著者さんの「樋口卓治」さんは、「さんまのからくりTV」「ぴったんこカンカン」「学校へ行こう!MAX」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「笑っていいとも!」「もしもツアーズ」「Qさま」といった番組の放送作家さんとのこと。

 

どれも観たことがあるテレビ、毎週よくみている人気番組ばかりで、こういった発想方法が元になっているのかと実感、とても興味深かったです。

 

 

 

 

 もしも、シンデレラの行動がすべて計算ずくだったら? 考える脳の鍛え方

作者: 樋口卓治(古舘プロジェクト・放送作家)
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2006/04/08
メディア: 単行本(ソフトカバー)

[asin:4569649122]



 

hann3.hatenadiary.jp