ツイッターに表示される「重要な改訂」のお知らせ?

 

 

ツイッターにログインしたところ、こういったメッセージが表示されますね。「OK」ボタンで同意する流れ。「設定を確認」では、カスタマイズデータの項目で、すでにデータの共有にチェック(オン)が入った状態で「有効」になっていました。

 

 

 

重要な改訂

 

Twitterが収集するデータ、その取り扱い、個人データの管理性に対する透明性を高めるため、Twitterの利用規約とプライバシーポリシーが改訂されます。この改訂は2018年5月25日から有効です。詳細はこちら さらに、Twitterが特定の非公開データを共有する方法をより細かく管理できるようになります。現在の設定では、この情報がビジネスパートナーと共有されます。

 

 

 

ちなみに、この機能は5月25日以降から実際に活用されるようですね。ヘルプの利用規約の改定に書かれていました。

 

 

 

この改定は2018年5月25日に発効します。この日以降にTwitterのサービスをお使いになると、今回の改定内容に同意されたものと見なされます。

 

利用規約とプライバシーポリシーの改定

 

 

 

これは、ツイッターを利用されている方が、どんなサイトをご覧になっているかといったデータ(キャッシュ情報)をツイッター社さんが共有(収集)することができるようになるといった感じでしょうか。

 

 

改定後のポリシーで強調している管理機能を使うと、Twitterが収集する情報とその活用方法を制限できることをご理解ください。また、利用者がTwitterアカウントを削除することもできます。個人データをTwitterがどのように扱うかは最終的に利用者が決定できます。

 

利用規約とプライバシーポリシーの改定

 

 

 

現在のところ、チェック項目をはずして、この機能を無効にすることもできるようですね。ただ、5月25日以降は全員必須の強制になるのかも?

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp