天国と地獄の長い箸のお話…絵本『世界のなぞかけ昔話1 どうしてかわかる?』

 

 

 

どうしてかわかる? (世界のなぞかけ昔話 1) 

 

 

うそつきクイズ(「正直村とうそつき村」)のような問題を解いてみたくて探していたところ、出会った絵本です。とくに、最後に収録されている「天国と地獄」というタイトルのなぞなぞが印象的でした。

 

 

f:id:hann3:20171119081606j:plain

 

 

天国も地獄も、1メートルの長い箸を使って食べなくてはいけないのは同じ。そして、箸が長すぎて口元に料理を運ぶことができない。

 

地獄では、ご飯を食べることができずにみんな不平不満。けれど、天国では全員が美味しい料理を食べることができて大満足。

 

条件、環境は同じなのに、なぜ違いがあるのか?その差は何か??という問題。答えを見て、「幸せとは何か」を考えさせられました。

 

この出題の元となっているお話があるそうで、『古代中国の昔話』と『ユダヤと世界の民話研究』を再話したと紹介されていました。クイズとしてではなく、お話としても読んでみたい内容でした(^-^)

 

 

 

どうしてかわかる? (世界のなぞかけ昔話 1) 

作者: ジョージシャノン,ピーターシス,福本友美子
出版社/メーカー: 晶文社
発売日: 2005/11/01
メディア: 単行本

[asin:4794926553]

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp