記憶術のコツは、「覚えない」こと?…『つがわ式世界最速漢字記憶ドリル 』を読む☆

 

 

 

つがわ式世界最速漢字記憶ドリル (講談社+α文庫) 

 

 

 

 

より正確にいいますと、「覚えなくてもいいことまで覚えるから、全て忘れる」のです。


(中略)


記憶を効率よくするためには、その思い出すきっかけだけを正確に覚えることです。

 

 つがわ式世界最速漢字記憶ドリル (講談社+α文庫) 

 

 

 

記憶術の極意は「覚えないこと」というくだりが印象的でした。暗記というと、覚える対象(名称・出来事)を脳に刻印しようと必死になるイメージですが、大切なのは思い出す「きっかけ」なのですね。

 

 

例えるなら、タンスの引き出しに、何が入っているかではなく、どこの引き出しに入っているかがポイントということでしょうか?引き出しできちんと分類(記憶の整理整頓)ができていれば、中に入っている中身(覚えたいこと)も自然と記憶されている??

 

 

 

つがわ式世界最速漢字記憶ドリル (講談社+α文庫) 

作者: 津川博義
出版社/メーカー: 講談社 (講談社+α文庫)
発売日: 2007/12/21
メディア: 文庫

[asin:4062811642]

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp