野球部の女子マネージャーが約3.5キロを走って倒れ死亡…死因とされる「低酸素脳症」は「熱中症」が原因?

 

 

女子マネージャーが野球場から走って戻った後に倒れ、その後、死亡とのニュース。乗車定員オーバーだったらしく、帰りのマイクロバスに乗れず、ランニングで学校に戻るよう監督から指示を受けたとのこと。

 

 

 

新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた2年生の女子マネジャー(16)が、5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったことが県警への取材で分かった。死因は低酸素脳症だった。



 同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。

 

練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

 

 

死因は「低酸素脳症」と発表されているのですが、原因は「熱中症」なのでしょうか。調べてみると、過去には、熱中症で倒れて一時的に心肺停止、低酸素脳症で寝たきりになった部活動中の事故もあり、裁判になっていますね。

 

 

 

判決によると、女性は2007年5月24日正午ごろ、学校近くの市営テニスコートで他の部員と練習を始めた。約3時間後、熱中症で倒れて一時心肺停止となり、低酸素脳症による意識障害に陥った。今も手足を動かすことや話すことができず、寝たきりの状態で生活している。

 

高2女子に重い障害・・・部活事故逆転賠償命令 - 安心して受けられる医療とは? 誤診でも…

 

 

 

 

練習は高校から約1キロ離れたテニスコートで正午ごろから始まり、女性は午後3時ごろに最後のランニングをしているとき倒れた。テニスコート近くは当時、最高気温が27度だったという。

 

龍野高校・部活で熱中症、当時高2が寝たきりに 兵庫県に2億3千万円賠償命令確定 : クリスチャントゥデイ

 

 

 

 

どちらも「ランニング」で症状が悪化?昨年も、奈良県生駒市立大瀬中の生徒さんが35分のランニングの直後に熱中症で亡くなられました。今回で2年連続、毎年起こるなんてことになって欲しくないですね。

 

熱中症はとても危険な状態で、この時期の運動は、屋外屋内問わず、注意が必要なのだと痛感です。

 

 

 

学校によると、女子生徒は7月21日、羽生田野球場(田上町)での練習後、監督の指示で学校までの約3キロを他の部員と走って帰り、学校に着いた直後に倒れた。

 

家族は病院で、医師から心肺停止による低酸素脳症で命が危ないと知らされた。

 

 

マネジャーの通夜 野球部員ら悼む 加茂暁星高 両親「無念しかない」 - 新潟日報

 

 

 

熱中症で心肺停止状態になったことが、 「低酸素脳症」の原因のようです。練習が終わって、車に乗れなかったために、男子生徒と同じランニングペースで戻られたのかもしれないですね。時間的にあたりは暗くなっていて、女の子が一人取り残されたら怖いですもんね。

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp