「駐禁報告書」というタイトルのメールには、コンピューターウイルスの「ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)」が添付されている??

 

 

添付ファイルをクリック(開封)すると、コンピューターウイルスに感染する迷惑メール。 最近は、個人情報や暗証番号といったセキュリティーに関係するデータが盗まれるだけでなく、パソコンを操作不能にして金銭(ビットコイン)を要求する「ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)」というものになっているようですね。

 

 

 

 

「駐禁報告書」というタイトルが件名になっているスパムメールが、警視庁の公式ツイッターで注意喚起されていますが、これも「ランサムウエア」の可能性が高いそうですね。

 

 

追記:ランサムウエアの「WannaCry(泣きたくなる)」の被害は、ウインドウズ7に多いらしいですね。

 

 

 

 「WannaCryのWindowsバージョン別感染で、最悪だったのはWindows 7 x64だった。Windows XPはほとんどない」と説明する。

 

「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ (ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp