『ジョブズ 100の言葉』を読む☆

 

 

 

ジョブズ 100の言葉 

 

 

 

なにをしないのかを

決めるのは、

なにをするのかを決めるのと

同じくらい大事だ。

 

 

ジョブズ 100の言葉

 

 

 

ジョブズの言葉004の「なにをしないかが重要」のページ。物や能力、知識や情報…あれもこれもあったら便利、無いよりは有った方が良いという感じで、ついつい欲張ってしまう自分に気づかされたくだりです(^^;

 

面白い本を1冊見つけたら、著者さんや紹介(引用)されている書籍を調べて次から次へと派生させ、芋ヅル式に読みたい本が増えていくのがとても楽しい。けれど、雪だるま式に膨らみすぎて苦しい、読みたいけれど全部を読むことができないなんてジレンマも…なので、上記引用の言葉がとても心に響きました。時間には限り(もちろん金銭的にも限界)があるので、何を読むかだけでなく、何を読まないかという感性も大切ですね(^-^)

 

 

f:id:hann3:20170329085515j:plain

 

 

アップルのスティーブ・ジョブズさんは、雑誌『ビジネスウィーク』の取材に「なにをやっているか、ということだけでなく、なにをやらないかということにも、ぼくは誇りをもっている」と答えられていたそうですね。

 

「足るを知る」「シンプル・イズ・ザ・ベスト」といった感覚でしょうか。自分自身の感性で大切なものは何かを明確に感じ取れる生き方、「やらない」という選択肢を選べる心の強さを学びたいです。自分が何者か、何を一番に思っているのかがわかっていないと、こうした引き算はできないですもんね。

 

削り落とす前に、まず「足りてない」と感じて、どんどん付けたそうとしていることを痛感。久しぶりに、本棚の整理をして、蔵書の断捨離(大量処分)をしました☆

 

 

 

ジョブズ 100の言葉 

監修: 堀江貴文
出版社/メーカー: 宝島社
発売日: 2016/10/07
メディア: 単行本

[asin:4800259754]



 

hann3.hatenadiary.jp