ジブリ映画「耳をすませば」の原作漫画…柊あおいさんの『耳をすませば』を読む☆

 

 

読書漫画:耳をすませば (りぼんマスコットコミックス)

 

 

先日、金曜ロードSHOWで放送されたましたスタジオジブリのアニメーション作品「耳をすませば」。原作になっている少女漫画があると知って、さっそく読んでみました。

 

 

f:id:hann3:20170206094910j:plain

 

 

映画と漫画の違い…基本の大筋は同じ(バロンも登場する)で、月島雫と天沢聖司の恋の物語。でも、設定がいろいろ大幅にアレンジされていたんですね。

 

 

 

「カントリーロード」の歌(日本語の訳・歌うシーン)がない。

 

「ムーン」がデブ猫ではなくシュッとした細い黒猫。しかも飼い猫で、「ルナ」というそっくりな猫がいる。

 

「天沢聖司」には兄の「航司」がいて、月島雫の姉「月島汐」と付き合っている。

 

「天沢聖司」はヴァイオリン職人を目指してはおらず、絵を描くのが好きな中学生。

 

 

 

それと、地球屋の御主人「西司朗」さんがあまり活躍しない、しずくのお父さんが図書館のみの登場でちょい役、など。アニメの方も好きですが、漫画の方が月島雫の感情&表情が豊かなので、キャラクターをより魅力的に感じますね。

 

 

耳をすませば (りぼんマスコットコミックス) 

作者: 柊あおい
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 1990/02
メディア: コミック

[asin:4088535154]



 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp