レジロボで人件費削減?コンビニ「ローソン」さんで試験的運用が開始された買い物カゴにバーコードリーダー内臓のシステム…商品のキャンセル方法やバーコードの不正(読み込まない、違う商品)対策はどうなってる??

 

 

昨日(12月12日)、報道番組で放送されていた「レジロボ」のニュース映像。レジ打ちや袋詰めをする店員が不要…スーパーの無人レジカウンター(セルフレジ)よりも進んでいていて、専用のカゴにバーコードリーダーが搭載されているんですね。手に取ってカゴに入れる際に、自分でピッピッと商品を読み込んでから買い物カゴの中へ。レジでのお会計がたった3秒で済んでしまうそうですね。

 

 

コンビニで買う弁当などの支払額を自動で計算し、袋詰めもしてくれる新型レジ機「レジロボ」をローソンとパナソニックがつくった。業務にかかる時間が短くなり店員の負担が減るほか、人手も1割強省けて経費削減につながるという。



 パナソニック本社の隣にあるローソンパナソニック前店(大阪府守口市)で、12日から試験的に使い始めた。ローソンでは2017年度下期から一部の店で実際に入れ、18年度から本格導入を図る。 

 

 

コンビニの人手不足、ロボットが解決 「レジロボ」登場:朝日新聞デジタル

 

 

 

気になったのは、自分でバーコードを読み込むというところ…いくつか疑問な点が思い浮かびました。商品をキャンセル(買うのをやめる)する場合には別途、手順があるのだと思われますが、テレビでは紹介されていませんでしたね。

 

それに、商品を読み込まずにカゴに入れてしまったり、違う商品(価格の安い)のバーコードを読み込んで数合わせしたりといった不正に対する対策(万引を判別するセンサー)はどうなのでしょう??

 

 

 

 

 

 

それに、お酒類(アルコール)やたばこなど年齢制限のある商品。飲酒と喫煙、年齢の判別は自己申告制??親のポイントカード(ポンタカード)でお買い物できてしまう??それに、アメリカンドックやフランクフルト、ポテト、唐揚げといった「ホットスナック」のコーナーの商品の扱いも気になりますね。

 

 

いまは「ローソンパナソニック前店(大阪府守口市)」さんのみでの運用のようですね。この便利なシステムがいつから、どこの店舗で実際に活用されていくのか楽しみです。最寄りの「ローソン」さんで実験的に実装されたらさっそくお買い物してみたい☆

 

 

そのうち、ソフトバンクさんの人型ロボット「Pepper」のような店員ロボットが店内に配備(商品の陳列や棚卸作業を担当)されたりして、完全無人なコンビニエンスストアが登場するのかも?最終的には、経営者の店長がいるだけで、アルバイト店員は不要になる??