「ひるおび」で紹介されていた津波の実験映像(提供:港湾空港技術研究所)…津波の威力を全然わかっていなかったと勉強になりました。

 

 

昨日(11月23日)、TBSさんの「ひるおび」で紹介されていた津波の威力がわかる実験映像が印象的でした。

 

神奈川県横須賀市の「港湾空港技術研究所」さん協力となっていた津波の検証動画…津波の怖さは波の高さだけでは伝わらないのだと痛感しました。

 

30センチでも立っていられず、60センチで男性が流され、1メートルになると木造家屋の壁が破壊されるとのこと。波の高さごとにどれほどの破壊力があるのか、何メートルという数字(発表される数値)の情報だけではイメージしにくかった危険性が、番組紹介の映像でとてもよくわかりました。

 

 

津波、脅威の破壊力! - YouTube動画

www.youtube.com

 

 

港湾空港技術研究所さん提供と思われる映像がユーチューブさんにあったのですが、この映像は「ひざぐらいの高さ」とあるので、30センチの波の高さのものでしょうか?高さだけでなく、押し寄せるスピードによっても威力が変化するようですね。

 

また、番組で紹介されていた「陸地に浸水した津波高さの影響」という資料のフリップ。こちらも分かりやすい目安でした。同じく「港湾空港技術研究所」さんからの出典。

 

 

f:id:hann3:20161124075000p:plain

 

 

陸地に90センチの津波が浸水した場合で「死亡率99.7%」と表示されているので、「1メートル」はとても危険なのですね。注意報や警報で耳にする「○○メートルの津波」という情報の本当の意味(事象)、そして、その恐ろしさを全然理解できていなかったのだと実感しました。

 

さらに、こちらのツイートでは体積(水圧?)で計算されていて、質量をお相撲さんの体重で換算されているのが興味深いです。

 

 

 

波の高さではなく、海水の重さで津波を考えたことがなかったので、とても勉強になりました。

 

 

 

 

TBS

『ひるおび!』

 

 

放送日時

 2016.11.23・水曜日・10時25分~13時55分

 

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp