肝臓の調子が悪いと、日焼けしやすい紫外線に弱い体質になる?『林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編』を読む☆

 

 

 

読書書籍:林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

 

 

 

肝臓の働きが落ちた人は日焼けしやすい?


西原先生:肝臓には、老廃物や体に入った悪い物質を分解する働きがあります。でも、肝臓の解毒する働きが落ちると、皮膚に紫外線を吸収しやすい物質がたまりやすくなります。ですから、肝臓の働きが落ちた人は少しでも外出すると日焼してしまうのです。


林くん:毒素を含んだものが分解されず、そのまま体に出てしまうのですね。

 

林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

 

 

 

「大酒飲み(酒豪)は、肝臓が悪いから顔の色が黒い」といった話を聞いたことがあります。なので、「肝臓に疾患のある方は、肌の色が黒くなるものなのかな?」となんとなく認識している程度でしたが、なぜなんだろうと気になっていました。


それに、同じ時間外出しても、何もしなくても全然焼けないで平気な人もいれば、日焼け止めクリームを塗っていてもすぐに皮膚が真っ赤になってしまう人もいるので、不思議に感じていたので謎が解けてすっきりです。


黒 くなる本当の理由は、日焼け(紫外線)に弱い体質になっていることだったのだと勉強になりました。日焼けを促進させる毒素のようなものが皮膚に蓄積されて いるんですね。とすると、お酒を飲みすぎて二日酔いで苦しんでいる朝は、肝臓が疲労していて焼けやすいのかもしれないですね。

 

 

 

林修の今でしょ!講座 11人のスーパードクターから学んだ「身近な病気のヒミツ」編

作者: 角川マガジンズ
出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
発売日: 2015/04/02
メディア: 単行本

asin:4047316962




もくじ

臓器の働きと病気を学ぶ
 江田証先生による胃食堂講座
 西原利浩先生による肝臓講座
 大谷義夫先生による肺講座
 丹野有道先生による腎臓講座

脳の老化対策・脳の病気を学ぶ
 茂木健一郎先生による記憶力と脳講座
 白澤卓二先生による認知症・アルツハイマー病講座
 上山博康先生による知られざる脳の世界講座

多くの人が悩む頭痛、がんについて学ぶ
 清水俊彦先生による頭痛講座
 宇山一朗先生によるがん講座

人類の経験の集大成?東洋医学"を学ぶ
 片山憲法史先生による東洋医学腰痛肩こり講座
 新見正則先生による東洋医学漢方講座