「三井住友銀行システム<info@smbc.co.jp>」からのお知らせを偽装した迷惑メール(フィッシング詐欺)にご注意??

 

 

先日、クロネコヤマトさんからの宅配のご案内メールを装ったスパムメールがヤフーニュースのトピックスになるほど被害が拡大していました。差出人のメールアドレ スがヤマト運輸さんで実際に使われているメールアドレスだったのでとても巧妙。判断するための違いは「ZIPファイル」が添付されているかどうか。

 

 

同じく今度は、三井住友銀行さんからのメールを偽装したもの…「三井住友銀行システム<info@smbc.co.jp>」という件名や送信元アドレスがSMBCになっているものが出回っているようですね。しかも「メールアドレス変更完了」「迷惑メールにご注意」といったお取引上ありえる紛らわしい内容で。こちらもコンピューターウイルスと思われる「ZIPファイル」が添付されているので、絶対に開封しないで欲しいとの注意喚起がされています。

 

 

 

最新のお知らせ

 

平成28年7月6日更新

 

振込などの「お取引受付完了」を装った「不審なメール」が取引の有無および当行とのお取引の有無に関わらず不特定多数の皆さまに発信されています。


このメールにはZIP形式の添付ファイルがついており、このZIPファイルを開くとコンピューターウィルスに感染すると想定されます。


心当たりのない場合はメールを開かずに削除し、また万が一開封しても添付ファイルは絶対に開かないようお願いいたします。
万が一添付ファイルを開いてしまった場合は、ただちにお取引店または下記フリーダイヤルまでご連絡ください。

 

 

【緊急】「取引完了」などを案内する、当行を装った不審な電子メールにご注意ください!(平成28年7月6日更新) セキュリティ : 三井住友銀行

 

 

 

www.smbc.co.jp

 

 

公式サイトでは、不審なメールの事例を画像付きで掲載されていますが、メールに添付されているアドレスをクリックすると、本物と似た作りのHPに移動するフィッシング詐欺など、いろんなタイプがあるようです。よくできていて、これは暗証番号を入力してしまいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターでツイートされている送信されてきた方々の書き込みを読んでも、種類の豊富さが伺えますね。それにしても、「佐川急便」ではなく「ヤマト運輸」、「三菱東京UFJ銀行」や「みずほ銀行」ではなく「三井住友銀行」が選ばれているところからすると…フィッシング詐欺のターゲットとされるのは、業界最大手と認識されている大企業??

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp