読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『オデッセイ』の感想…生還に必要なのは、「(今あるもので)何とかする」という柔軟な思考&「何とかなる」というポジティブシンキング?

 

 

 

視聴映像:映画『オデッセイ』

 

 テレビCMでとても気になっていた マット・デイモンさん主演の映画、レンタルDVDが開始(解禁)となったのでさっそく観ました☆

 

内容は、火星にたった一人取り残されて、救助が来るとしても何年も先…食料も水も足りないという状況の中でどう生き残るかというサバイバルもの。なので、絶望的な主人公の心理を、シリアスに描いている作品なのかと想像していたのですが、思っていたのとはちがって、とても明るい雰囲気の映画で驚きました。

 

絶体絶命のピンチはピンチなのですが、主人公のタフネスブリが凄い。精神的な強さといいますか、楽観主義といいますか、あまり「死」を予感させないですね。多少の緊迫感、ドキドキはありましたが、とても穏やかな内容。「何とかしてしまうのだろう」と安心して見られので、SF娯楽映画としてご家族で楽しめる映画ですね。

 

 

とくに、ないものねだりできない極限の環境で、今あるものだけで逆境を乗り切る姿が素晴らしいです。宇宙飛行士が、宇宙から生還するのに必要なのは、どんなときにもジタバタしない覚悟(度胸?)。人生、生きていくのに本当に必要なものは、身の回りにそろっているのかもしれないですね。

 

 

そして、解決方法に気づくか気づかないか、それは知識の応用力(知恵)と柔軟な発想(遊び心)で、「何とかなる」という心の余裕(ポジティブシンキング)が土台になっているのだと感じました。私の「毎年見たくなる映画」にランクインです(^-^)

 

 

映画『オデッセイ』

出演: マット・デイモン, ジェシカ・チャステイン, クリステン・ウィグ, キウェテル・イジョフォー, ジェフ・ダニエルズ
監督: リドリー・スコット
出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日: 2016/06/03
メディア: Blu-ray

ASIN: B012CBXVO6

 

 

 

◎ゲオさんの宅配DVDレンタル

映画『オデッセイ』