ウインドウズ10への勝手なOSアップデートが訴訟問題に…1万ドル支払いの賠償命令が出される??

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ヤフーニュースの新着一覧に、とても気になるトピックスが更新されていました。先日、私もウインドウズ10へのOS更新予約(ダウンロード・インストールの実行)がいつの間にか設定されていて、キャンセル(解除)の方法がわからずひと騒動あったので、とても身近&切実な問題…

 

 

hann3.hatenadiary.jp

 

 

アメリカでは訴訟問題にまで発展していて、裁判で賠償命令が出されたという話が興味深いです。

 

 

 

 

「Windows 10への意図しない更新で仕事用PCが使えなくなり、仕事に支障をきたした」としてユーザーが米Microsoftを提訴した裁判で、裁判所はMicrosoftに1万ドル(約100万円)の賠償金支払いを命令した

 

Microsoft、「Windows 10への意図しない更新で損害」ユーザーに1万ドル支払い (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース

 

 

 

そういえば、ツイッターのツイートにいろいろトラブルが紹介されていました。大学講義中にアップデートが開始されてパソコンがつかえなくなったとか、ソフトが対応していなくて再度8.1をインストールしなおしたとか。今回、訴えた原告側の勝訴判決(判例)がでましたが、日本でもこういった訴えが増えるかもしれないですね。

 

 

マイクロソフト側は、不正行為はないと判断しつつも、控訴はしなかったとのこと。対処方法を5月から紹介していたそうですね。

 

 

 

Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレード提供は7月29日まで。Microsoftは5月、アップグレードが始まった後にキャンセルする方法の解説動画を公開している

 

Microsoft、「Windows 10への意図しない更新で損害」ユーザーに1万ドル支払い (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 貼られていたリンクにとぶと、動画による説明がありました。ただ、アップグレードが始まっているパソコンでは、ネットにアクセスしてこの情報を見ることができないですよね(素朴な疑問)??

 

 

www.itmedia.co.jp

 

 

追記:その後、アップロードを拒否できる設定に変更されたようですね。

 

 

 

これまでは、更新のタイミングを指定する選択肢しかなく、利用者から「勝手に更新された」との苦情が相次いでいた。

 

今後は更新拒否を選ぶと更新通知が表示されなくなる。ただ、拒否を選択せずに右上の「×」ボタンをクリックして通知を閉じると、数日後に再び通知が表示される

 

「更新拒否」選択可能に=ウィンドウズ10―米マイクロソフト (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

 

 

はじめからこの設定で良かったように感じますね。訴訟になったから??無償(無料)ダウンロード期間はもうすぐ切れますもんね。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp