漫画『真田幸村(SPコミックス)』/長沢克泰

 

 

 

読書漫画:真田幸村 (SPコミックス)

 

 

こちらも戦国武将「真田幸村(源二郎信繁)」を描いた漫画です。絵のタッチや作風は「花の慶次(作画:原哲夫・原案:隆慶一郎)」や「バガボンド(作画:井上雄彦・原作:吉川英治)」に近いように感じました。同じ登場人物でも、書き手によってまったく違うので、読み比べが面白いですね。

 


こちらの幸村さんは、ストーリーがとびとびで、いきなり大阪城の「真田丸」から始まってびっくりしました。でも、昨日読んだ本にはなかった上杉家に人質になっているときのエピソードが好きです。御館様(上杉景勝)よりも直江兼続さんと仲が良く、お二人からいろいろご指導(ご指南)を受けていて、人質とは思えない生活ぶりが印象的。

 

 

f:id:hann3:20160419190327j:plain

 

 

大河ドラマ『真田丸』でも、信繁(堺雅人)は豊臣秀吉(小日向文世)にとても好かれていますし、人の懐に飛び込むのが上手い方だったんですね。ただ、それ以上に、現代語で気さくな口調がかわいい小日向さんが演じる秀吉も魅力的でした。漫画の方では、秀吉と会う場面が描かれていなかったので、ちょっと残念(^^;

 

 

 

 

真田幸村 (SPコミックス)

作者: 長沢克泰
出版社/メーカー: リイド社
発売日: 2012/02/28
メディア: コミック

ISBN-13: 978-4845841585





第一話 大阪冬の陣
第二話 人質時代
第三話 関ヶ原前夜
第四話 九度山
第五話 大阪夏の陣(前編)
第六話 大阪夏の陣(後編)

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp