「パテ(肉)の枚数」と「チーズの枚数」を自分で選べるハンバーガーの注文…マクドナルドでやって欲しいオーダーシステムですね☆

 

 

 

 

例えば、「3×3(スリー・バイ・スリー)」と注文すればパティ3枚/チーズ3枚のボリュームバーガーを作ってくれる。「4×4(フォー・バイ・フォー)」は肉とチーズが4枚ずつ。また、「3×1」といえば肉3枚にチーズ1枚。

 

 

このように「パテ枚数xチーズ枚数」とオーダーして、大きさをアレンジ可能。また「ダブルミート」と注文すれば、パティ2枚/チーズ無しが出てくる。

 

米人気バーガーチェーン「In-N-Out」の通になれる9つのトリビア - e-StoryPost

 

 

 

カリフォルニア州(アメリカ)の人気ハンバーガー店「In-N-Out(インアンドアウト)」さんでは、裏メニューの特殊オーダーとして「パテ枚数xチーズ枚数」を自分で選べるシステムがあるそうですね。昔は「100×100」のタワーのような特大ロングバーガーも可能だったとか。

 

 

これは、マクドナルドのシンプルなハンバーガー(チーズバーガー)なら簡単にできそうですよね。お肉(パティ)とチーズの枚数を調整するだけですもんね。

 

 

ツイッターやフェイスブックといったSNSのネタとして「大食いチャレンジ」するお客さんが増えそうですし、ハンバーグ1枚の追加トッピングで100円増しならマックさんの利益もあがりそう。

 

 

お客が自分で作れるハンバーガー…現在のメニューを変えずに、赤字経営の回復に役立ちそうなオーダーシステムですよね。パテ3枚のバーガーが300円で食べられるなら、ボリューム的に満足(お店への期待感アップ)できるので、ぜひ導入をお願いしたいです☆

 

 

でも、クルー(マックのアルバイト店員)さんの仕事が増えて、レジや調理が回らなくなる?

 

 

 

estorypost.com