英語が身に着く「通訳遊び」…教科書の英会話に「通訳」を追加して、役を演じることで恥ずかしさが楽しさに変わる?

 

 

 

昔、塾で英語の先生がやった「通訳遊び」が面白かったです。教科書の英会話を、外国人、日本人、通訳を担当して読む(対話に一人増える)。英語を聞いて通 訳、日本語を聞いて通訳。これは、英語学習(語学習得)を阻害する「話すのが恥ずかしい」を無くすためで、役を演じると英語のセリフが快感になるそうです。

 

 

 

たとえば、

 

 

外国人「My neme is Bob.」

通訳「彼のお名前はボブさんだそうです」

 

日本人「僕の名前は太郎です」

通訳「His neme is Taro.」

 

 

といった感じでした。

 

最初は「通訳」を演じる人も教科書をもって立ちますが、二度三度演じたら、教科書をもたずに(日本人役、外国人役は台本を持ったまま)、会話の流れを壊さないように、英文を思い出すようにする。

 

 

「理解し、変換し、伝える」の三つを意識しながら、単語と発音、言葉を使う感覚(タイミング・言葉選び)を身に着けるのがポイントらしい。面白い子は、わからなくなったらカタコト英語や単語の連呼でボケて、授業を盛り上げてました。