子供の“人格(存在)”を完全否定する家族…自分の思い通りにしたいだけの“正しさ(他者依存)”からは、逃げ出すことでしか自分の人生を取り戻せない?…『ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ/原わた』

 

 

 

読書書籍:ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ

 

 

 

「家族」に苦しむすべての人へおくる解毒コミックエッセイ!


兄妹を徹底的に差別し、娘の人格を否定し続ける母。
罵声や暴力によって、わが子をコントロールしようとする父。
新興宗教を家族に強要し、恨み節や悪口をまき散らす祖母。
大人のいない場所で妹をいじめるようになった兄。


そんな「毒家族」が支配する家で育ったゆがみちゃんが家から逃げ出し、じぶんの価値を見つけ出し、自らの手で解毒していく戦いを描く、衝撃のコミックエッセイ。

 

 

『ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ』より

 

 

 

 


自分の“正しさ(先入観・価値観の押しつけ)”以外は認めない毒親(機能不全家族)たちから、どうやって距離を置くことができたのか…著者さんの半生がわかりやすく紹介されているエッセイです。

 

 

f:id:hann3:20160322164956j:plain

 

 

かわいいイラスト漫画で物語風に描かれているので、内容が理解しやすく、とても読みやすいです。家族からまったく評価されず、受け入れてもらえない辛すぎる過去(幼少時代・家族環境)に、読み進めるほど切なくなって、ゆがみちゃんの結婚のくだりでは涙が出てきました。毒親たちの横暴な振る舞いに怒りを感じ、そして、周囲の人たちにはそういった親がいることを理解してもらえず、八方ふさがりで絶望的な状況に心が苦しくなります。


「自分は自分、ひとはひと」


聞く耳を持たない人たちとは、物理的にも精神的にも、距離を置くこと。離れることでしか自分自身を救済することはできないのだと痛感させられる。すべてのエピソードが、実際の体験談が元になっているそうなので、とても説得力がありますね。この漫画への「共感」そのものが心の助けになる素晴らしいコミックエッセイに感じました。

 

 

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ

作者: 原わた
出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日: 2015/07/17
メディア: 単行本

ISBN-13: 978-4040677118