警察から「レッカ―車(ロードサービス)」を頼まれる自動車修理工場のオーナーは、1年中お酒が飲めない?

 

 

 

警察からレッカ―車の依頼をされる自動車修理工場の方(個人経営の社長)は、365日お酒を飲まないそうですね。深夜にも仕事の電話があるそうで、24時間待機状態…飲酒運 転になってしまいますもんね。熟睡できなさそうですし、お酒好きな方だったらかなり辛そう(^^;報酬は良さそうですが、大変なお仕事ですね。

 

 

とすると、運転代行をされている方もお酒が飲めないですよね。自分は楽しめない(飲めない)のに、酔っ払いを相手にするのはとても忍耐力がいる職務に感じます。代行を呼んでおいて、なかなかお開きにせず、長時間待たせるお客さんが多いって話をよく耳にしますから。

 

ちなみに、お客さんの車を運転する方は、タクシーのように第二種運転免許が必要とのですが、並走車の運転手には不要らしいです。現地(居酒屋)まで行ってご自宅まで送り届けて戻る…眠気との戦いに負けそう。

 

 

 

運転代行業は比較的簡単に開業できるので、独立して行うことも可能です。最低限必要なのは、車一台と二名のドライバーですから、家族で開業することもできます 

 

 

◎本業よりも稼ぐ人続出!運転代行の副業 

http://www.goutzy.com/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E5%89%AF%E6%A5%AD/1043.html