NHK大河ドラマ『真田丸』第2話を観ての感想☆

 

 

 

冒頭のナレーション(前回のあらすじ紹介)は、まるで映画『スターウォーズ』のようですね。二回目の放送を見て、いろいろ感じたことをツイッターのツイート検索してみたら、同じように感じた方が多いようで、共感が嬉しく感じました。高畑淳子さんの大げさでわざとらしい演技にも同感です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、お顔に泥を塗って汚しているにもかかわらず、木村佳乃さんの透明感がある肌がとてもお綺麗でしたね。

 

 

 

 

 

 

甲冑姿の武田信玄がダースベイダーっぽいなと感じて調べたところ、、武田信玄の亡霊役として出演された方は、殺陣師の林邦史朗さんで、この作品が遺作になっているという話を知りました。

 

 

 

 

 

 

真田信繁(幸村)役で主演の堺雅人さんの印象ですが、二話目でもドラマ『リーガルハイ』の古美門研介弁護士に見えて仕方ない。今のところ、シリアスよりもコミカルなイメージが強いのかもしれないですね。

 

 

 

 

視聴率的にも好調のようで良かったです(^-^)20%を越える高い視聴率は、3年ぶりのようですね。

 

 

 

 

 

 

一番強烈だったのは、温水さんが演じた小山田信茂の裏切り(寝返り)失敗でした。これでもう出番はないのですね(^^;高木渉さんもこれでお終い??

 

 

 

 

 

 

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp