写真集『世界一の動物写真(ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー)』の感想

 

 

 

写真集:世界一の動物写真

 

 

 

イギリスで50年続く、世界最高峰の写真賞
『ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー』


受賞作品でたどるネイチャーフォトの全記録!

 

 

『世界一の動物写真』帯・紹介文より

 

 

 

 視線、眼光の先に何を見て、何を感じているのか…表紙に掲載されているキツネの写真に惹かれました。どの写真も素晴らしく、整列して水を飲むインパラの光景、家族の団らんを過ごしている像の群れなど、一枚一枚に「こんな瞬間があるんだ?」と驚かされる興味深いものばかりでした。

 

 

f:id:hann3:20151124075448j:plain

 

 

とくに気に入ったのが、ハヌマンラングールの写真。「家族の肖像」とタイトルが付けられているのですが、寄り添っている雰囲気が家族写真そのものですよね。自然の中には秩序があり、家族があり、動物に“心”があるのだと感じた写真集です。

 

 

 

世界一の動物写真

作者: ロザムンド・キッドマン・コックス,ナショナルジオグラフィック,尾澤和幸
出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
発売日: 2015/01/23
メディア: 単行本

ISBN-13: 978-4863132795