90歳の山田久峯さんの健康&ご長寿の秘訣…日光下駄を履くと姿勢が良くなる?/ゲンキの時間・歌ヶ浜 山田屋

 

本日(11月1日)、TBSさんで放送の『健康カプセル!ゲンキの時間』は、街ぶら健康企画の第2弾。とくに、興味深かったのは「日光下駄」のくだり。

 

 

湖のほとりの健康ご長寿として登場の山田久峯さん(90歳)。中禅寺湖にある「歌ヶ浜 山田屋(日光彫・開運表札)」さんで、木彫りの表札を彫っていらっしゃる方。下書きなしで彫りあげてしまう集中力が凄いです。山田さんの表札はご利益があ ることで人気らしく、子宝や健康など感謝の手紙が多く寄せられているようでした。

 

 

山田さんが健康の秘訣としてご紹介してくださったのが「日光下駄」。日光の伝統工芸で、江戸時代に神聖な社寺を訪れるために作られた特別な履物とのこと。下駄の上に草履が縫い付けられていて、二本の歯が末広がりになっている珍しい下駄ですね。

 

 

日光下駄の健康効果を検証する実験では、まず、立った状態で足裏の重心の位置を測定。ウォーキング後の重心を、靴と日光下駄で比較。重心が後ろ気味な女性が、下駄を履いて5分間歩いただけで、正しい位置に重心に改善されていました。

 

 

f:id:hann3:20151101080751j:plain

 

 

竹井仁先生によると、重心が安定することで姿勢が改善されるらしいです。二本の板(歯)を意識することで重心の前後位置を自覚でき、さらに、末広がりな歯が左右のブレを抑えてくれるとか。

 

 

姿勢が曲がると、足裏の重心位置がズレる。足裏の重心を戻せば、姿勢が伸びる。姿勢だけを意識しても、足裏を意識してないと根本的な改善にはならないのかもしれないですね。腰痛や肩こりの大元の原因は足裏(靴底)にある?

 

 

ご長寿の山田さんは、適正な位置で立っているので背筋が真っすぐ伸びて、とても綺麗な立ち姿…この下駄欲しいです(^-^)

 

 

◎日光伝統工芸組合協議会より


日光下駄 とちぎの伝統工芸品 - YouTube動画

 

 

 

<番組情報>

 

TBS『健康カプセル!ゲンキの時間~ぶらり歩いて健康に!~歴史と自然の街 日光編』

 

 

放送日時:2015.11.01・日曜日・7時~7時30分

出演者:三宅裕司・渡辺満里奈・英玲奈・木本武宏(TKO)

番組内容:街ぶら健康企画第二弾!社寺が世界遺産に登録されている栃木県日光市の魅力的な観光名物から健康の秘訣を学ぶ。