お買い物するときのルール…欲しいと感じたときに出会ったタイミングで

 

家電製品って買い時に困りますよね。ちょっと待てば、新しいもの、性能の良いものがどんどん出てきますから。しかも、今、販売されているものが、型落ちしてディスカウント(値引き)されますもんね。半年で半額以下なんてこともありますから、ホント買い時は悩みます。

 

ここ数年、うまくいっているパターンですと、「必要(欲しい)と感じた時に、必要なもの(欲しいもの)を買う」というのが王道のようですね。ワクワクしているときほど、良い出会いがあり、素敵な巡りあわせが多い気がします。それに「すぐ使うもの」なので、無駄ではありませんもんね。

 

それ以前は、安いからといって、必要のないものを「いつか使う(役に立つ)」という理由で買ってました。でも、結局、使わずに済んでしまうという経験で痛い目を…お得感(安さ)を理由に購入するときは、所有欲(独占欲?)を自己満足させるためだけのものだと痛感です。

 

同様に、本も、読みたいときに読みたいものを読む。映画も観たいときに観たいものを観る。自分の感覚、感性、感情に素直に従うときが、一番楽しめている気がします。読んでおいた方がよい、見ておいたほうがよい、と頭で考えても、全然、身になってない。内容が頭に入らないのでつまらない。

 

何を買うか、何を読むか、何を見るか…実は、脳が自然に、膨大な情報量の中から選別(取捨選択)してくれてるのかもしれないですね。なので、直観(ひらめき?)のようなものを信じて行動すると、失敗が少ないのだと感じています。

 

なので、「必要なものは必要なときに現れる」という法則(?)に則って、欲しいと感じた時に出会ったものを手に入れるようにしています。