校外学習で小学1年生が熱中症(熱射病)で死亡のニュース

 

 

7月8月、毎年報道される熱中症による死亡事故のニュース。部活動での事故だけでなく、今年は校外学習でも。今年の暑さはかなりのもので、運動していなくても危険なレベル。

 

 

 

17日正午前、愛知県豊田市梅坪(うめつぼ)町の市立梅坪小学校(児童数730人)の教室で、校外学習先から戻った1年の男子児童(6)の意識がなくなり、倒れたと学校から119番通報があった。児童は救急搬送されたが間もなく死亡が確認された。重度の熱中症である熱射病と診断されたという。

 

小1男児が熱中症で死亡 学校は「高温注意情報」を把握しながらも校外学習を実施

 

 

先日、15日には部活動で倒れる生徒さんのニュースがありましたが、炎天下での80周は厳しすぎる指導ですね。命が無事で本当に良かったです。

 

 

 

大津市の市立南郷中で2年の男子生徒(14)がソフトテニス部顧問の男性教諭(31)から校舎の周りを80周走るよう指示され、熱中症で倒れた問題で、大津市教委の船見順教育長は14日に記者会見し、「体罰の範囲を超えた許されない行為。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 

「校舎の周り80周走れ」は行き過ぎ 大津市教委が謝罪 - 産経WEST

 

 

 

昨年の夏にも、部活中のランニングで熱中症になり、低酸素脳症で死亡する事故がありました。こうした事故はなくならないのだと痛感です。

 

 

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp

hann3.hatenadiary.jp